牛革や人工革など気になるランドセル選び【小さな背中に大きな夢を】

女の子

素材の違い

小学生

昔は赤と黒の2つしかなかったランドセルも、近年はカラーバリエーションが豊富に増え、ピンクやオレンジ、水色や紫といった色などが発売されています。
今年小学生に上がる子供や孫がいる大人の方のなかには、ランドセルの購入を考えている人もいるのではないでしょうか。そこでここでは、ランドセルに関するさまざまな内容のなかから、素材についてご紹介していきます。

ランドセルに使用される素材は、主に2つに分けられます。「天然皮革」と「人工皮革」です。天然皮革とは、牛革やコードバンなどの素材のことを指し、耐久性や吸湿性などさまざまな機能が備わっていることが特徴です。こうした天然皮革で作られた素材は、使えば使うほど古くなってしまうという点がありますが、その分使い始めの頃よりも光沢などが出てくるといった魅力があります。先ほど上記で、使えば使うほど古くなるといいましたが、背負えなくなるほど古くなってしまうというわけではありません。牛革などの天然素材で作られたランドセルは長持ちするため、長年に渡って使用し続けることができるでしょう。

もう一つのタイプ、人工皮革は、天然皮革に似せて作られた人工の素材のことを指します。天然皮革のように耐久性に優れているのはもちろんのこと、牛革などよりも重さが軽いという点があります。そのため、こうした素材で作られたランドセルは長時間背負っても疲れにくいという特徴があります。
また、人工皮革で作られたランドセルは、牛革などの天然素材でできたランドセルよりも価格がリーズナブルになっていることが多いようです。